コーヒーで下痢にすぐなる人の原因とその対処法

コーヒーを飲んですぐにおなかを下す経験は私だけでしょうか?

コーヒーを朝、眠気を覚ますために飲んだり、一息入れるために飲んだりしたいの、おなかを下してしまうんでなかなか気軽に飲めません、

今回はコーヒーを飲んで下痢になる原因や下痢になった時の対処法を紹介したいと思います。

なぜコーヒーで下痢になる?

カフェイン

コーヒーに含まれるカフェインは交感神経に作用し、覚醒効果をもたらします。

しかし、交感神経への作用が強まると、胃腸の活動に乱れが生じ、

下痢を引き起こす原因になります。

さらにカフェインには胃酸の分泌をうながす効果があるため、胃になにも入っていない状態だと胃痛を引き起こすので、そこから下痢につながることがあります。

クロロゲン酸

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸というものにも、胃酸を分泌させる作用があります。

クロロゲン酸にも、胃痛を引き起こしたり下痢の原因になることがあります。

砂糖

糖分を多量に摂取すると、血糖値が上がります。

すると、血糖値を下げようと腸が水分を出すので、下痢になってしまいます。

また、人工甘味料の中には吸収分解が難しいものがあり、そういうものを摂取すると、体が体外に排出しようとするため胃腸の活動が活発になり、やはり下痢の原因になってしまいます。

体質

元々おなかが緩い方は、カフェインによる刺激に弱いことがあります。

さらに、コーヒーにミルクを入れる場合、乳糖不耐症の方には注意が必要です。

牛乳に含まれる乳糖というものを消化できない方は、牛乳が原因で下痢になることがあります。

下痢にならないようにする対処法

コーヒー 下痢 すぐ

カフェインレスのコーヒーを飲む

まずカフェインの入っていないコーヒーを飲むことをお勧めします。

カフェインが原因で下痢になっている可能性があるので、カフェインを抜くことで改善されるかもしれません。

コーヒーに牛乳を入れる

牛乳が胃に膜を作り、胃への刺激を緩和してくれることがあります。

しかし先ほど紹介したように、乳糖不耐症の方は牛乳を入れると逆効果になるので注意しましょう。

アイスではなくホットで飲む

冷たいものは胃への刺激が強いので、下痢になりやすくなります。

アイスコーヒーではなくホットコーヒーを飲むようにしてみましょう。

下痢になった時の対処法

温かい飲み物を飲むことでおなかが温められ、下痢の症状を緩和してくれます。

しかしホットミルクや温かいお茶などではかえって症状が悪化することがあるので、なるべくカフェインの入ったものや乳製品は避け、白湯などを飲むようにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました